不動産のツボ HP版 <おもしろ情報 編>

新築・増改築工事
住宅ローン
おもしろ情報
購入・売却ノウハウ
不動産業界で働く

Ads by google

<天井収納庫に入れるとダメな物>

天井収納庫は 屋根裏スペースを活用した良いアイデアのように思えますが

私個人の考えではあまり良い物だとは思えません。


天井収納庫の多くは、

専用棒で蓋(扉?)を開けてハシゴを降ろし、 そのハシゴを登って天井まで上がるものです。


幅が細く頼りないハシゴで上がるのは心細く、 またあまり重い物を持って上がるのは一苦労です。

だから季節物でさえ、上げ下ろしが面倒になってしまい、 だんだん使わなくなってしまう傾向にあります。


また、夏場は特に暑くなるので、 天井裏は蒸し風呂のような状態になります。

最近はデジカメで撮影してパソコン内やCD/DVD、 フラッシュメモリー等にデータを保存できます。

が、デジカメ以前の銀塩フィルムを現像〜プリントした写真などを天井収納庫に入れておいたりすると、

一夏で変色してしまったりします。


つまり、 熱に弱いものは絶対に天井収納庫に片付けてはいけないのです。

逆に、熱でダニが死滅するので、 真夏にカーペット・じゅうたん等を収納するのはよいアイデアかもしれません。

但し、じゅうたん類は意外に重く大きいので、 天井収納庫に入りきるかどうか、ですけど。


季節物で言えば、扇風機などは冬場の間、天収に片付けておいてもよいでしょうが、

逆にストーブや石油ファンヒーターは重いし燃料を抜く必要があるのでお薦めできません。


それでも敷地の狭い家では庭に物置も置けないので、細々した物を保管するには重宝するかもしれません。

が、熱で劣化する恐れのある物は絶対ダメ、危険物も絶対ダメ、と肝に銘じておく事が大事です。2009/7/8

壁の内部に恐怖の? <
不動産のツボ HOME
> 電気配線をネズミが齧る?

inserted by FC2 system