不動産のツボ HP版 <おもしろ情報 編>

新築・増改築工事
住宅ローン
おもしろ情報
購入・売却ノウハウ
不動産業界で働く

Ads by google

<沖縄の物件が熱い?!>

今、沖縄の不動産物件が熱い! と、最近よくTVでやっている。(2007年春現在)

先日も私の同級生の不動産屋社長が現地に行ったが、異常な地価高騰ぶりらしい。

那覇の国際通りから少し入った土地でも、 坪単価が200万円以上もするという。

もちろん、一定の条件を満たした土地です。何でもかんでも200万円ではありません。

これは東京近郊の地価に匹敵するし、 大阪の衛星都市の住宅地よりも高い。


たいした産業もないのに、なぜそんなに高いかというと

大手デベロッパー(マンション開発業者)が、 マンション用地を買い漁っているのが原因だ。

団塊の世代の退職後の いわゆるセカンドライフ用の需要を当て込んでいるとの事。


確かに、定年までマジメに働いてきた人たちに

「老後はタイ、バリ、フィリピン、オーストラリアでロングステイ」と言っても、

英語もロクに話せないのでは楽しくないだろうけど・・・。


私が思うに、この沖縄ブームは一過性のものだ。

おそらくバブル前の地方のリゾートマンションブームのように、数年でこの熱も冷める。

適当な時点で沖縄開発を止めないと、デベロッパーたちはまたも大量の売れ残り物件を抱え、

銀行は多額の不良債権に悩まされ、入居者数が少ないせいで、維持管理も大変になるだろう。


善良なリゾートマンション購入者たちが沖縄に定住し、

適度な規模のコミュニティが形成されて 豊かな老後生活を送れる事を祈る。

長年働いた苦労が報われなきゃ、何のための人生か!2007/05

不動産のツボ ブログ版 <
不動産のツボ HOME
> 地価は誰が決める?

inserted by FC2 system