不動産のツボ HP版 <新築・増改築工事 編>

新築・増改築工事
住宅ローン
おもしろ情報
購入・売却ノウハウ
不動産業界で働く

<ベランダが雨漏りの原因に>

一戸建てを新築する場合、 最も注意すべきは雨漏り対策です。

そして、雨漏りの原因の一つにベランダがあります。


現代の日本の一戸建ての主流は木造軸組工法で、

木造住宅の多くは、 外壁がモルタルになっています

(低コスト住宅にはサイディングも多いですが)。

で、外壁がモルタルだと、

ベランダもモルタルで仕上げる建築業者が多いのですが

これが雨漏りの原因になりかねないのです。

例えば、屋根に勾配があるのは 雨漏りしないように配慮したためで、勾配が緩いだけで雨漏りするほどです。

しかしベランダは傾斜・勾配がほとんどないので、モルタルだと水を吸いやすく危険なのです。

(防水シートを噛ませていても心配なのです)


マンションオーナーさんが 雨漏りに泣かされているのを聞いた事はありませんか?

RC造(鉄筋コンクリート)の陸屋根は、 防水性能が10年もたないのが普通です。

雨漏りする度に防水工事をやらなければならないのです。


モルタル仕上げのベランダの雨漏り原因は ”浸透・クラック・継ぎ目”です。

では、どんなベランダにすればいいのでしょう?


ズバリ言いましょう、 ベランダの材質は「FRP」がベストです。

FRPとは一言で言えば「強化プラスチック」です。

軽くて強く、耐候性・耐久性があり、 車のボディに使われることもあります。


FRPの防水性は半永久とも言われていますので

施工時に水切りさえしっかりやっていれば ベランダが原因で雨漏りすることはありません。

モデルハウスを見学する際には こういう点もしっかり見ておきましょう。


なお、木造住宅のベランダにFRPを用いる場合、 下地である板にFRPを塗布するのが一般的です。

コンコン!とノックするように叩けば、モルタルなどとの違いがすぐ分かります。 2009・04・15

省エネ仕様の窓 <
不動産のツボ HOME
> 天窓の功罪

inserted by FC2 system