不動産のツボ HP版 <購入売却ノウハウ 編>

新築・増改築工事
住宅ローン
おもしろ情報
購入・売却ノウハウ
不動産業界で働く

Ads by google

<新築一戸建ての探し方ノウハウ>

新築一戸建て分譲というものは

A・開発をかけた大規模分譲

B・一戸〜3戸程度の小規模販売     の2種類に大別される。


子供の校区の関係などで、大規模分譲がありえない地域で検討している人もいるでしょう。

その場合はBの数戸規模の物件を買うのもやむをえません。


しかし、基本的には500u以上の、A・開発された分譲地の物件を買うのがオススメです。

法律上は1000u以上を開発行為と呼ぶが、500u以上を”小規模開発”という網掛けで制限している自治体が多い。


その理由としては、

古くからある住宅街に、後から新入りが入っていくのは、近所付き合いの苦労が多いのです。

自治会に入るためには 10万円〜20万円も要求される所さえあります。


自治会に入らないと、子供も「子供会」などに入れず、仲間はずれになってしまいます。

いずれ、子供の心を人質にしたような、そういう卑怯なシステムはなくなる日が来るでしょうが、

残念ながら今現在も、高額な自治会入会費を徴収する住宅地は非常に多いです。


一方、 新しい分譲地だとそうゆう気苦労も少ない傾向にありますし、 物件価格帯がほぼ同じなので、

その分譲地を買う人たちの経済的レベルも似通っていて、 何かとうまくいきやすいのです。


さて、いい物件を買うためには、大規模でも小規模でも、

とにかく、 いち早く物件情報を得ることが最も大切です。


その方法とは・・・ 分譲の広告を見たら、まず見に行く。

そして、遠慮せずに営業マンに希望を述べ、 年収や自己資金など、ぶっちゃけ話す。

すると、その分譲地が希望に合わなくても、 次の分譲地の情報を教えてくれるはずです。


というのも、一戸建ての分譲は、地元の不動産業者がからんでいる場合が多いのです。

そして、マンションほど資金力を必要とせず、数億円単位の資金で分譲できます。

契約できれば3ヶ月程度で引渡しできるし、 更地のまま寝かせておいても負担が軽い。


つまり、マンション分譲よりも ローリスクで、資金効率がよいのです。

マンションのような広大な土地を必要としないため 土地の確保が容易で、回転がきく。

だから、その分譲地の近所で 次の分譲地の開発を進めている事が多いのです。


つまり、営業マンと仲良くし、 いい情報を人より早く教えてもらう事が大事なのです。


なお、不動産業者にもいろいろあります。

中古物件などの仲介専門の業者では 開発物件に手を出す事はほとんどありません。


”○○不動産販売”という名の会社が多いが、「販売」とつく社名はほとんど仲介業者。

よって、新築分譲を探す場合には、仲良くしてもあまり意味がないのです。

いくら財閥系や電鉄系で信用できるといっても、物件を扱ってないのでは無意味なのです。

不動産のツボ HOME
> 中古住宅の探し方ノウハウ

inserted by FC2 system